有責配偶者からの離婚請求はできるのか


不貞行為やDVを働いている側(有責配偶者)から離婚を切り出すことはできるのか?

協議離婚においては、双方が合意できればどのような理由でも離婚は成立します。


今回、話に上げるのは裁判所に判断してもらう離婚訴訟の場面で、有責配偶者からの離婚請求が認められるのか。というものです。


かつて有責配偶者からの離婚請求は一貫して認められていませんでした。

それは、離婚原因を作った責任ある当事者からの訴えを取り上げることはできないという考え方があり、また道徳性や信義に反するといった理由が挙げられていました。


しかし、近年では有責配偶者からの離婚請求も認められるようになってきています。

夫婦の一方が共同生活を営む意思を失っており、夫婦としての実体を持たず回復の見込みがない状態となった場合には、もはや婚姻の実質的基礎を失っていると見做しそのような状態を存続させることは不自然である、という考え方に変わってきたのです。


とはいえ、全ての離婚請求が認められるものではなく、例えば長期間別居が続いて夫婦関係の修復可能性が無いとか、子どもの年齢、無責の配偶者の生活など総合的に判断されることになります。



閲覧数:0回
居酒屋 開業

受付時間 10:00〜20:00

月〜土曜日(日・祝日休み)

離婚相談、離婚手続きお任せください。

初回相談は無料です。

まずはお電話またはメールで、ご連絡ください。

行政書士 名古屋