慰謝料って必ずもらえるもの?


慰謝料を請求できる場合

離婚する際には多額の慰謝料をもらえると思っている方は案外多いと思います。


慰謝料とは、精神的苦痛をお金に換算したものと考えられていますので、相手に責任がある行為(例えば不貞行為やDV)で精神的苦痛を被ったときに請求することができることになります。


逆にいうと、相手の有責行為がなければ請求するはできません。

例えば、性格の不一致を理由で離婚する場合には、有責行為はありませんので慰謝料を請求しても通常は認められません。


以上から、慰謝料と言っても離婚の際に必ず請求できるものではないです。

また、慰謝料を請求できる場合であっても、有責行為の程度や精神的苦痛の程度、相手の年齢や社会的地位などによってその額は決まってきますので、必ずしも期待した額になるとは限りません。


閲覧数:0回
居酒屋 開業

受付時間 10:00〜20:00

月〜土曜日(日・祝日休み)

離婚相談、離婚手続きお任せください。

初回相談は無料です。

まずはお電話またはメールで、ご連絡ください。

行政書士 名古屋