性格の不一致で離婚できるか?


離婚理由の一位は「性格の不一致」

世間の夫婦が離婚する理由の一位は性格の不一致です。

性格の不一致とひとことで言っても、中身はいろいろあります。

例えば、会話が弾まない、食事の好みが違う、ある仕草が気に入らないというのでも性格の不一致という言い方をしますし、子どもの教育方針や性の不一致なども性格の不一致という表現をすることもあるかもしれません。




民法の規定では「性格の不一致」は離婚理由とされていない

こうして見ると、いろいろな意味が含まれている表現ですが、民法によると、性格の不一致は離婚理由として挙げられていません。

法律で挙げられていないということは、つまり裁判所の審判や裁判では性格の不一致を理由に離婚することは認められないということになります。



性格の不一致の結果どうなるか

先にも述べた通り、ひとことで性格の不一致と言っても中身はいろいろです。

離婚理由で挙げるのなら、単に「性格の不一致」ではダメです。

性格が合わない結果夫婦関係が修復不可能な程度に破綻した状態となった、ということを理由にすべきです。

こいうった状態にあれば、裁判でも離婚理由として認められる可能性が高いです。



協議離婚なら理由は問われない

以上は、一方が離婚に同意せず裁判で離婚を争う場合の話ですが、ふたりで話し合いによる場合(協議離婚)は理由に関係なく離婚できます。

裁判では認められにくい理由しかない場合には、相手と辛抱強く話し合ってお互い納得のうえで離婚を選択するべきです。







閲覧数:1回
居酒屋 開業

受付時間 10:00〜20:00

月〜土曜日(日・祝日休み)

離婚相談、離婚手続きお任せください。

初回相談は無料です。

まずはお電話またはメールで、ご連絡ください。

行政書士 名古屋