【Q&A】離婚後に子どもの親権者を変更することはできますか?


A:子どもの利益のために必要なときには親権者の変更も認められる

民法では「子の利益のため必要があると認めるときは、家庭裁判所は、子の親族の請求によって、親権者を他の一方に変更することができる。」とされています。


例えば、現親権者が面会交流を拒否している場合、親権者変更を家庭裁判所への申立てを検討してもよいでしょう。

離婚する際に決めた面会交流が実施されないため、当時親権者を決めた前提が崩れており、子の福祉の観点から親権者の変更が認められる余地があります。


その他にも離婚当時と事情が変わった場合にも親権者変更が認められます。

閲覧数:1回
居酒屋 開業

受付時間 10:00〜20:00

月〜土曜日(日・祝日休み)

離婚相談、離婚手続きお任せください。

初回相談は無料です。

まずはお電話またはメールで、ご連絡ください。

行政書士 名古屋