【Q&A】財産分与の対象となる財産って?


財産分与は夫婦で築いた財産を分けること

離婚するにあたって、夫婦で築いた財産を公平に分け合うことが「財産分与」です。

基本的には、夫婦で合意すれば何をどのように分けても自由です。

合意できない場合には、家庭裁判所の審判や裁判で決めることになります。

最近では、共働き・専業主婦に関わらず折半するのが通常です。


具体的には

財産分与の対象となる財産は、どちらの名義でも関係なく、夫婦が協力して得た財産です。


財産分与の対象になる財産

・自宅(土地・建物)

・婚姻中に蓄えた預貯金

・自動車

・株、有価証券

・厚生年金(年金分割)

・退職金


財産分与の対象にならない財産

・結婚前に蓄えていた預貯金

・結婚前の個人的な借金

・相続した財産

・贈与された財産

・別居していたときに得た金銭

・清算後の住宅ローンの残債




閲覧数:1回
居酒屋 開業

受付時間 10:00〜20:00

月〜土曜日(日・祝日休み)

離婚相談、離婚手続きお任せください。

初回相談は無料です。

まずはお電話またはメールで、ご連絡ください。

行政書士 名古屋